【相続分の譲渡】面倒な相続から解放される方法とは?

司法書士
榎本亮冴

今回は、面倒な相続から早期に開放される方法として、相続分の譲渡という制度を解説したいと思います。

相続人が複数いて面倒だ、とか、遺産に対して興味ないけど家族間の相続争いに巻き込まれたくないという場合には、効果的な制度となっています。

相続分の譲渡とは?

相続分の譲渡というのは、自分の相続分をそのまま誰かに譲り渡すことを言います。

例えば、相続人が母、長男、長女の3人の場合、それぞれの法定相続分は、母が4分の2、長男・長女が4分の1ずつです。この自分が受け取れるの割合を相続分といいます。相続分の譲渡では、この各相続人が持つ相続分を、そのまま他の相続人へ譲り渡すことで、自分が相続手続きから離脱することができます。

母が自分の相続分を長男に譲渡した場合、長男の相続分は、「2/4 + 1/4 = 3/4」ということで、4分の3です。相続分の譲渡をするのに、他の相続人の同意は不要ですので、相続分を譲渡す人と相続分を譲り受ける人の合意で相続分の譲渡はすることができます。

この譲渡は有償でも無償でも構いません。

ケースとして、他の相続人に呼び掛けて相続分の譲渡をしてもらうことがあります。遺産に対して興味ない相続人であれば、相続分を無償で譲渡してくれるのではないでしょうか。

有償の場合でも、価格をいくらにするかは当事者間の事由です。遺産に不動産が含まれる場合は、基本的には時価、つまり今売ったらいくらで売れるのかの金額が不動産価格の一つの基準になります。

相続分の譲渡を無償でした場合、税金はかかりませんが、有償で譲渡した場合は、対価として受け取った価格は相続税の課税対象となります。

相続分の譲渡の方法

相続分の譲渡を行う場合、決められた手続きは特にありませんので、口頭でも可能ですが、証拠が残らずあとあとトラブルになる可能性もありますので、契約書にして残しておいた方が無難です。

相続分の譲渡と相続放棄を比較

次に相続分の譲渡と相続放棄を比較していきます。

相続分を譲渡する最大のメリットは、遺産分割協議に参加しなくてよくなる点です。

遺産分割協議が整わない場合、家庭裁判所での調停・審判に発展することもありますので、これらの面倒事に関わらずに済むことが、相続分の譲渡の最大のメリットと言えます。

相続放棄も似たように、放棄すると相続人でなくなる扱いになりますので、遺産分割協議に参加する必要はなくなりますが、相続分の譲渡と比較して何が違うのか解説します。

相続放棄との違い

相続分の譲渡とは、相続放棄と比較して以下のメリットが考えられます。

・自分の相続分を他の相続人などに譲渡できる

・相続放棄のような3か月以内というものがない

・相続放棄のような裁判所での手続きが不要

相続分を特定の人に譲渡できる

1つ目について、相続放棄をした人は相続人ではなかったものとして扱われます。

例えば、法定相続人が、母、長男、長女の3人だったとします。

このうち、母が相続放棄を行ったとすると、母は元から相続人でなかったものとして扱われるので、相続人は長男と長女になります。

相続分は、母は元から相続人でなかったものとなりますので、長男と長女の相続分はそれぞれ2分の1ずつになります。

このように、相続放棄すると、自分の相続分を他の誰かに譲渡することができず、他の相続人全体の相続分が増加しますが。一方、相続分の譲渡の場合は、特定の相続人や相続人以外の第三者を指定して、相続分を譲り渡すことができます。

相続放棄のような3か月以内というものがない

2つ目について、相続分の譲渡は、遺産分割前であれば、いつでも行うことができますが、

相続放棄は原則として相続開始を知った時からから3か月以内でなければできません。

相続放棄のような裁判所での手続きが不要

3つ目について、相続放棄は家庭裁判所での手続きが必要ですが、相続分の譲渡は決められた手続きがありませんので、口頭でも可能です。

相続分の譲渡のデメリット

一方で、相続放棄と比べた場合に、相続分の譲渡にもデメリットがあります。

相続放棄は、亡くなった人の負債を一切相続しなくて済みますが、相続分の譲渡では、借金の返済義務が残る場合があります。

借金は、相続分に従って相続されます。これを相続人間のやり取りだけで、借金の割合を変更したり、他の相続人に引き取ってもらうことはできないことになっています。

これが勝手にできてしまうと、極端に言えば、お金の無い相続人が借金をすべて引き継いだ場合に、お金を貸してる人からすると、非常に不利になります。これは、相続の時に限った話ではなく、借金というのは、貸している人の同意がなければ、他人が引き受けることはできないものです。

ですから、借金は、相続分に従って平等に相続されますので、確実に借金も譲渡するには、お金を貸してる人の同意も得ておく必要があります。

ちなみにこれは、遺産分割協議も同様です。自分が何もプラス財産を引き継がないと協議をしても、借金だけは、お金を貸してる人の同意がない限り引き継ぎます。主に銀行などが該当しる場合が多いので、事前に確認する必要があります。

ですので、亡くなった人に多く負債がある場合は、相続分の譲渡とか遺産分割協議で何も引き継がないと決めるだけでは足りませんので、相続放棄を利用した方が手っといばやいいでしょう。

以上、相続分の譲渡についてです。

今述べた通り、相続分を譲渡しても、債権者との関係では債務を免れることはできませんので注意が必要です。

相続分の譲渡を検討している場合は、司法書士などの専門家の相談してから進めるといいと思います。

遺産相続なら「ユーべスト司法書士事務所にお任せ!」

ユーべスト司法書士事務所では、遺産相続に関するご相談を承っています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

監修者プロフィール

榎本亮冴
榎本亮冴司法書士
・大手金融機関主催の相続対策セミナー、相談会
・大手不動産会社主催の相続対策セミナー、相談会
・大手生命保険会社の相続専門員向け勉強会の開催
・自主開催の終活セミナー、相談会多数
これまでの豊富な経験に基づき、遺言作成支援、相続を中心に、個人のお客様向けに幅広い業務に対応させて頂くことができます。どうぞお気軽にご相談下さい。