ユーべスト相続丸ごと安心サポート 無料相談はこちら!

遺産相続手続きをしないとヤバい?法定相続のカラクリ

 

司法書士 榎本亮冴
司法書士
榎本亮冴

司法書士の榎本です

今回は、遺産相続手続きをしないとヤバい?法定相続のカラクリ、についてです。

 

 

まずは、こちらの家系図をご覧ください。

姉妹で仲が悪く、長らく家の名義が祖母名義だったので、孫が母の名義に変えようとした事案です。通常であれば、子の姉妹三人が遺産分割協議を行って完了します。

しかし、そのうちに、三女が亡くなってしまったため、遺産分割協議が更に難航しました。

理由は、この遺産分割協議に三女の子供のほか、三女の配偶者の印鑑も必要となったからです。

 

祖母の相続では、三女の相続人は当事者ではありませんが、遺産分割協議を終える前に、その内の相続人がなくなると、さらにその相続人が、遺産分割協議の当事者の地位も引き継ぐことになります。

このように、全く面識のなかった方同士が、1つの遺産分割を行わなければならいないことが起こりえます。これが遺産相続手続きをしないと、ヤバいところです。

数次相続とは?

実務では、これを数次相続といいます。相続開始後に、遺産分割協議が完了する前に、さらにその相続人のうちの誰かが死亡することで、相続が重なってしまう場合です。

 

いざ相続した不動産を売却しようとしても、相続人が増えると、膨大な量の戸籍謄本を全国から取り寄せる必要がでてきます。

他にも、例えば、認知症で、後見人を選任しなければならない人がいるとか、そもそも行方不明なので、不在者財産管理人の選任が必要といったケースでは、費用も時間もかかってしまってかなり面倒なことになります。

 

代襲相続とは?

 

数次相続と比較して、代襲相続という似た制度もありますので、今回は、この数次相続と代襲相続の二つの制度を解説します。

 

代襲相続とは、相続が発生した時点で、もともと相続人になる予定だった方がすでに亡くなっている場合、その相続人に子がいれば、子が代わって財産を相続する制度のことです。

本来、孫は、将来的には、祖父からの遺産が流れてくることになりますが、死亡のタイミングによって、財産を受け取れない不平等をなくすために、代襲相続、つまり、親に代わって相続する制度がある、ということです。

 

どちらも似通っていますが、数次相続と代襲相続との違いは、簡単に言えば死亡のタイミングによる違いです。

 

数次相続の事例

 

では、数次相続と代襲相続の違いを事例からわかりやすく見てみたいと思います。

 

まず数次相続の事例からですで、このような家計図があったとします。Aと配偶者B、子CDです。

Dには、配偶者Eと子のFGがいます。

数次相続というのは、相続開始後、遺産分割協議が完了する前に、さらにその相続人のうちの誰かが死亡することですので、例えば、Aが死亡すると、この相続人は、BCDとなります。ですので、BCDが遺産分割協議を行います。

 

しかし、協議を終える前に、Dが亡くなってしまった場合、Dの相続人が登場します。EFGです。

結果、Aの遺産分割協議の当事者はBCとEFGになります。

これが数次相続です。

 

代襲相続の事例

 

次は、代襲相続の事例です。

同様の家計図があったとします。

代襲相続は、相続が発生した時点で、もともと相続人になる予定だった方がすでに亡くなっている場合に、その相続人の子が代わって財産を相続する制度です。

 

Aのもともとの相続人は、BCDになりますので、そのうち、DがAよりも先に亡くっていた場合は、その子供である、FGは相続人になります。

 

結果、Aの遺産分割協議の当事者はBCとFGになります。

数次相続と異なり、Eは相続人となりません。

これが代襲相続です。

 

数次相続と相続人の判断には注意

 

これらの違いによって、相続人が変わることがありますので、遺産相続手続きを放置していたりするケースでは、特に注意が必要です。

 

遺産相続手続きを放置してしまっている場合、特に不動産の名義変更などには、非常に苦労することもございますので、早めに手続きしたほうが、あとあと面倒なことになりません。

遺産相続なら「ユーべスト司法書士事務所にお任せ!」

ユーべスト司法書士事務所では

 

  • 相続が発生して何をすればいいかわからない・・・
  • 借金を遺したまま亡くなってしまった・・・
  • 相続手続きが忙しくてできない・・・
  • 相続手続きの費用負担を抑えたい・・・
  • 不動産などどう分ければいいかわからない・・・

 

など、遺産相続に関する手続きのご相談を承っています。

ユーべスト司法書士事務所へ、【相続人調査】【相続財産調査】【書類作成】【名義変更】【相続放棄】【生前準備】等に関するお問い合わせは以下のページから受付しています。お気軽にお問い合わせ下さい!

監修者プロフィール

榎本亮冴
榎本亮冴司法書士
・大手金融機関主催の相続対策セミナー、相談会
・大手不動産会社主催の相続対策セミナー、相談会
・大手生命保険会社の相続専門員向け勉強会の開催
・自主開催の終活セミナー、相談会多数
これまでの豊富な経験に基づき、遺言作成支援、相続を中心に、個人のお客様向けに幅広い業務に対応させて頂くことができます。どうぞお気軽にご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました