ユーべスト相続丸ごと安心サポート 無料相談はこちら!

【相続放棄】これをすると相続放棄できなくなります!

 

司法書士 榎本亮冴
司法書士
榎本亮冴

はい、司法書士の榎本です

今回は、知らないうちに借金を相続することになる、ということについて解説していきます。

相続開始後に、遺産を売却したり、預金を下ろして自分のお金として使ったりしてしまうと、

もし親に借金があった場合、その借金をそのまま背負う可能性が非常に高くなります。

動画でも解説しています。

【相続放棄】借金を継がないための期限は3か月!?相続放棄ができないケースについて司法書士が解説

相続すると、借金などのマイナスの財産も、相続人が引き継ぐことになりますが、その回避の方法として、相続放棄と限定承認という手続きがあります。

 

この2つの手続きは、知らない内にできなくなってしまうケースがあります。1度できなくなってしまうと、覆すことが難しいですし、後々大きなトラブルになる可能性が高くなりますので、今回はその手続きができなくなってしまうケースについて解説したいと思います。

相続放棄と限定承認の手続きは、ざっくりいうと、相続による借金を全く背負わなくなる手続きのことです。基本的はこの2つのどちらかの方法によって可能になります。

 

このどちらかの手続きを踏まなかった場合は、例え遺産分割協議で自分は全く何も相続しないと決めても、借金だけは相続しますので覚えておきましょう。

 

注意すべき点は2つです。

相続放棄・限定承認は相続開始から3カ所以内

1つ目は、相続放棄、限定承認は、相続開始から3カ所以内に家庭裁判所に対して行わなければならいないというルールです。3カ月経つと、相続放棄・限定承認はできなくなります。

財産調査中で間に合わない場合は、3カ月経つ前に、期間の延長を家庭裁判所に申し出します。

相続人が相続財産を処分したとき

2つ目は相続人が相続財産を処分したとき、というルールです。これは、なにげなくやってしまうケースが多いかと思います。処分というのは、相続した財産を売るとか、あげるとか、土地を担保にしてお金を借りるとか、わざと壊す、捨てるといった行為を指しています。

こういった遺産を処分する行為は、マイナス財産も含めて、遺産全体を受け入れたということなので、そのあとに相続放棄は認められないよという決まりになっています。

 

ただ、どんな行為が処分にあたるのかは実際にはケースバイケースですが、次のポイントは押さえておきましょう。

しても相続放棄できる行為

亡くなった人の医療費、葬儀費用の支払い、不相当に高くない墓石や仏壇等の購入、財産的価値のなくなった物を形見分けすること

これらは、相続財産から支出・処分することになりますが、仕方ないものなので処分には当たらないとされている行為です。

 

葬儀というのはいつ起こるか分かりませんので、これが相続財産から支出できず、葬儀ができないとなると困るということで、これに関連する墓石の購入なども含めて、よしとされています。

一方で、例えば次のような行為は、処分にあたるとされています。

したら相続放棄できなくなる行為

遺品の売却

故意に損壊、廃棄すること 例えば倒壊しそうでも、家屋の取り壊しは処分にあたります

あとは、賃貸中の財産の賃料の振込先を自己名義の口座に変更する行為

預貯金口座を解約して相続人の財産と分別しない行為

遺産分割協議をすること

葬儀費用や治療費を除く債務の弁済する

抵当権の設定をして融資を受けること

高額の衣類や美術品の形見分けなどです

これらの行為は一例ですが、単に財産を管理する意図で行っていても、放棄・限定承認ができなるく可能性が高い行為とされています。

 

実際に、葬儀費用を捻出するために、家具を売却してしまったなどの微妙なケースもあると思いますが、極力、遺産は保管する程度に留めることが重要です。

ですので、借金の存在がありそうだなと思ったら、早めにマイナス財産の調査を行うとか、司法書士などの専門家に相談するなどして慎重に相続財産を扱うようにしましょう。

 

以上、今回は相続放棄・限定承認ができなくなってしまう可能性のある行為についてでした。

解散清算なら「ユーべスト司法書士事務所にお任せ!」

ユーべスト司法書士事務所では

 

  • 相続が発生して何をすればいいかわからない・・・
  • 借金を遺したまま亡くなってしまった・・・
  • 相続手続きが忙しくてできない・・・
  • 相続手続きの費用負担を抑えたい・・・
  • 不動産などどう分ければいいかわからない・・・

 

など、遺産相続に関する手続きのご相談を承っています。

ユーべスト司法書士事務所へ、【相続人調査】【相続財産調査】【書類作成】【名義変更】【相続放棄】【生前準備】等に関するお問い合わせは以下のページから受付しています。お気軽にお問い合わせ下さい!

遺産相続なら「ユーべスト司法書士事務所にお任せ!」

ユーべスト司法書士事務所では

 

  • 相続が発生して何をすればいいかわからない・・・
  • 借金を遺したまま亡くなってしまった・・・
  • 相続手続きが忙しくてできない・・・
  • 相続手続きの費用負担を抑えたい・・・
  • 不動産などどう分ければいいかわからない・・・

 

など、遺産相続に関する手続きのご相談を承っています。

ユーべスト司法書士事務所へ、【相続人調査】【相続財産調査】【書類作成】【名義変更】【相続放棄】【生前準備】等に関するお問い合わせは以下のページから受付しています。お気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

監修者プロフィール

榎本亮冴
榎本亮冴司法書士
・大手金融機関主催の相続対策セミナー、相談会
・大手不動産会社主催の相続対策セミナー、相談会
・大手生命保険会社の相続専門員向け勉強会の開催
・自主開催の終活セミナー、相談会多数
これまでの豊富な経験に基づき、遺言作成支援、相続を中心に、個人のお客様向けに幅広い業務に対応させて頂くことができます。どうぞお気軽にご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました