【相続放棄】相続放棄は3カ月経過するとできないのか?

 

今回は、相続放棄は3カ月経過するとできないのか?というテーマについて解説していきたいと思います。

相続した遺産で借金の方が多い場合は、基本的には相続放棄を検討していくと思います。相続放棄をすれば、親が残した借金ですとか、何らかの損害賠償請義務とか、税金などの支払い義務は免れることができます。

ですが、相続放棄の制度そのものや重要なルールを知らなかったために、大きな借金を抱えてしまうケースがあります。

そのルールというのが、相続開始から3カ月以内でなければ相続放棄はできないというものです。何もせずに3カ月過ぎると、自動的にプラスの財産もマイナスの財産も引き継ぐことが確定しますので、相続人にとっては、非常に重要な選択となっています。

ですので、今回はこの3カ月ルールについて、もう少し掘り下げた内容を扱っていこうと思います。

相続放棄は3カ月以内!

まず、原則として、相続放棄は、相続開始があったことを知ったときから3カ月以内に限定して、認められています。

ポイントは相続を知ったときからですので、必ずしも亡くなった日からスタートするわけではないとうことです。相続があったことをまったく知らなかったというケースでは、3カ月は進行しません。

親が離婚していて数十年会ってないとか、海外に出張していたなどという場合は、後日親族から連絡を受けて知ったとか、突然債権者から通知が来て、親の借金とともに亡くなったこと知ることもあると思います。

その場合は、そういった通知が来たときから3カ月がスタートします。家庭裁判所に相続放棄する際には、申述書というのを提出して行いますが、この書類には、相続開始を知った日を記載する欄がありますので、状況を説明して行うようにします。

このように相続開始を知ったときから3カ月というのが原則ルールです。

相続放棄の期限を過ぎてしまったら?

一方で、相続の開始をしりつつも3カ月を過ぎてしまった場合は、本当に放棄できなくなってしまうのかという問題があります。例えば、遺産はなにもないと思って放置しいたら、実は借金があって1年経ったときに身に覚えのないお金の請求が来て知ったといったケースです。

ここからは、明確なルールがあるわけではなく、あくまで、過去の事例から、ある程度はそのとおりに運用されている内容になります。

結論からいいますと、一定の条件下であれば、例外的に、3カ月経過後の相続放棄もできる場合があります。

その一定の条件というのは、相続時に遺産をまったく引き継いでいない場合で、かつ、やむを得ない事情で借金の存在を知らなかったというような場合です。

例えば、親とは数年会っていなくて、親の人間関係ですとか、財産をほとんど把握できない状況だったというケースです。このような事情があれば、借金の存在を知らなかったことは仕方ないと判断してもらえるケースがあります。この場合は、借金の存在を知ったときから3カ月がスタートするという扱いになります。

逆に、親と同居していたり頻繁に会える状況下だと、少し調べれば借金の存在とか、連帯保証人になっていたことはわかりますので、そういう場合は相続放棄が受理される可能性がその分低くなります。

そして、このケースでは、遺産を受け取らなかったという事実が重要ですので、相続時に何かしら財産を受け取っていた場合では、3カ月の期間経過後に全く予期できないような請求が来ても、相続放棄が受理されない可能性の方が高くなります。

ただし、実際に受理されるかは、生活状況などからケースバイケースになるので、事情を説明したうえで、最終的には家庭裁判所の判断に委ねることになります。いずれにせよ、財産調査をしっかりしておくことに越したことはないということになります。

以上、相続放棄の3カ月ルールについての一例の解説でしたが、あくまで例外ですので、ベストなのは3カ月以内に放棄できることです。もし間に合わない場合は、3カ月経過前であれば、延長することもできますので、早めに財産調査を行うことが重要です。

もし、過ぎてしまってから放棄する場合は、家庭裁判所に事情を説明して受理してもらう必要があります。一度却下になると、覆すのが難しくなりますので、司法書士などの専門家に相談してから進めるようにしましょう。

遺産相続なら「ユーべスト司法書士事務所にお任せ!」

ユーべスト司法書士事務所では遺産相続に関するご相談を承っています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

監修者プロフィール

榎本亮冴
榎本亮冴司法書士
・大手金融機関主催の相続対策セミナー、相談会
・大手不動産会社主催の相続対策セミナー、相談会
・大手生命保険会社の相続専門員向け勉強会の開催
・自主開催の終活セミナー、相談会多数
これまでの豊富な経験に基づき、遺言作成支援、相続を中心に、個人のお客様向けに幅広い業務に対応させて頂くことができます。どうぞお気軽にご相談下さい。