ユーべスト相続丸ごと安心サポート 無料相談はこちら!

土地を相続放棄するかどうかを判断するためのポイント

 

司法書士 榎本亮冴
司法書士
榎本亮冴

司法書士の榎本です。

今回は、土地を相続放棄するかどうかを判断するためのポイントについて解説していきます。

 

【相続で失敗しない】土地を相続放棄するか判断ポイント

不動産というのは、資産価値があって、なんとなく持っておいた方がいいと考える人も多いと思います。

 

ただ、不動産をもじって負動産と呼ばれる物件が存在するように、建築基準法によって新しく建物を建てられない土地などで資産価値がなく、むしろ固定資産税や管理費の負担だけが残るケースも多くあります。

この動画では、遺産に土地が含まれている場合に相続放棄をすべきかどうか、判断基準はどうなっているの?そんな疑問に回答します。

土地を相続放棄することはできる?

まず、土地を相続放棄して相続しないようにすることは可能です。ただし、土地だけを相続放棄することはできません。すべてを相続するか、すべて相続しないの選択をする必要があります。

 

土地は相続したくないが、他の預貯金や動産類を相続したいということもあるかと思います。この場合は、遺産分割協議によって、相続人全員で分け方について同意する必要がありますので、価値のない土地を引き受けてくれる相続人はあまり期待できません。

 

買い手がつくような不動産であれば、後から売ったりできますが、買手がつかない場合は、寄付することくらしか選択肢がありません。

寄付を受け入れてくれる先は実際にそう多くはありません。可能性がありそうな先としては、隣地の所有者、自治体、公益法人などが考えられます。

しかし、無料とはいえ、価値のない土地を引き受けてくれる可能性はやはり低いでしょう・実質的には、相続放棄が負動産を手放す最後のチャンスと言っても過言ではありません。

土地を相続放棄すべき?判断基準

それでは、相続したくない土地を含む遺産を相続放棄すべきなのか、その判断をするためのポイントを解説します。

 

まず、土地以外に特に財産がなく、しかも、その土地を貸す出すなどの何らかの使い道もなく、また、売れるような価値もつかないという場合、そのまま相続すると、土地の維持管理費(例えば、不法投棄物の処理など)や固定資産税をずっと負担し続けることになり、明らかに損してしまいます。

固定資産税というのは、毎年1月1日時点で土地や建物を所有している人に課される税金です。手放せないとこういったお金の負担が延々とつきまといますので、このような場合は、相続放棄した方が得です。

 

次に、土地に買い手がつきそうな場合は、「土地と他のプラス財産の価格」から「土地の売った際に発生する費用」(測量や仲介手数料、名義変更費用など)を引いて、得するか損するかを確認し、相続するか放棄するかを決めるようにしましょう。

土地を買ってくれる人がつかなさそうな場合は、「土地を除く他のプラス財産の価格」から「土地にかかる費用」(固定資産税や管理費)を差し引いて、得するか損するか、相続するか放棄するかを確認し、決めるようにしましょう。

土地がどれくらいで売れるのかや、土地の売却にかかる費用、維持管理費については、不動産屋さんなどに相談するようにします。

 

なお、土地を売却する前提で、土地上にある建物を取り壊す場合がありますが、相続放棄前に建物を取り壊したりすると相続放棄ができなくなります。

 

また、土地に関しては、建物が建っていると固定資産税がかなり安くなる特例があります。

 

スムーズに土地を手放せれば問題ありませんが、取り壊し後にもし売却できないと負担が大きくなりますので注意しましょう。

 

検討した結果、土地が売れないとか、他に財産がない場合で、相続人全員が相続放棄すると、次に問題になるのは、相続放棄者に課せられる土地の管理義務です。

これに関しては、別の記事でも解説していますが、相続放棄しても、相続放棄者には土地の管理義務が課せられます。これから逃れるには、相続財産管理人を選任して、バトンタッチする必要があります。

 

この申し立ては家庭裁判所にしますが、相続財産が売れない土地だけなどの場合は、申立人が予納金を納めなければなりません。

都市部だと予納金として、通常では100万円くらいかかりますので、こういった費用も考慮して相続放棄を検討しましょう。

 

以上、今回は、土地を相続放棄するかどうかを判断するためのポイントについて解説でした。

 

不動産というのは、なんとなく資産価値があって、持っておいた方がよさそうですが、場合によっては、お金を払ってでも隣地の所有者引き取ってもらった方がいいケースもあります。できるだけ早く、不動産の状態を把握しておくことが重要です。

 

相続放棄について迷われた場合は、司法書士等の専門家に相談するようにしましょう。

遺産相続なら「ユーべスト司法書士事務所にお任せ!」

ユーべスト司法書士事務所では

  • 相続が発生して何をすればいいかわからない・・・
  • 借金を遺したまま亡くなってしまった・・・
  • 相続手続きが忙しくてできない・・・
  • 相続手続きの費用負担を抑えたい・・・
  • 不動産などどう分ければいいかわからない・・・

など、遺産相続に関する手続きのご相談を承っています。

ユーべスト司法書士事務所へ、【相続人調査】【相続財産調査】【書類作成】【名義変更】【相続放棄】【生前準備】等に関するお問い合わせは以下のページから受付しています。お気軽にお問い合わせ下さい!

監修者プロフィール

榎本亮冴
榎本亮冴司法書士
・大手金融機関主催の相続対策セミナー、相談会
・大手不動産会社主催の相続対策セミナー、相談会
・大手生命保険会社の相続専門員向け勉強会の開催
・自主開催の終活セミナー、相談会多数
これまでの豊富な経験に基づき、遺言作成支援、相続を中心に、個人のお客様向けに幅広い業務に対応させて頂くことができます。どうぞお気軽にご相談下さい。
タイトルとURLをコピーしました